ダイバー2人

回遊魚の宝庫久米島

海に潜る2人

沖縄本島那覇空港から日本トランスオーシャン航空30分で到着できる久米島。車で島一周約30分という程良い大きさで、東西南北あらゆる場所にダイビングポイントが点在しています。年間通して台風が直撃しない限り潜れるポイントがあるので、少々天候が悪くてもダイビングが可能な頼もしい存在となっています。
東洋一美しいと言われてるはての浜を基準に、北側の海は超豪快なドロップオフポイントとなっていて、その南側の海は白砂が眩しい癒し系の海が広がっています。ダイビング代金は1日2ボートダイビングがランチ付き13000円・3ボートダイビングがランチ付き18000円が相場で、1ダイブ毎に港へ帰って来るパターンなので船に弱いダイバーでも安心して潜りに行けます。島の南側にはトンバラ岩という巨大なる露出岩があり、その海中にはありとあらゆる大物が出現したりします。
運が良ければ水中でザトウクジラにも遭遇出来、年間通してジンベエザメの出現毎年数回確認されています。冬場から春先はハンマーヘッドシャークが群れでやって来たり、夏場のシーズンはドラム缶のように丸々したイソマグロの集団もやって来ます。アカウミガメやナポレオンフィッシュも常連なので全く侮れません。

イチオシ

青の洞窟が青く輝いている理由

青の洞窟は、沖縄本島の西海岸、恩納村真栄田岬に位置する海蝕洞です。岬に打ち寄せる波が、岩場を浸食したことによって作られました。その青く輝く神秘的な光景から、見所がたくさんある沖縄県下でも青の洞窟は大変人気のマリンスポットとなっています。真栄田岬には同じようにしてできた洞窟が他にもありますが、青く輝いているようにみえるのは、地元では「クマガーガマ」と呼ばれているこの洞窟のみとなります。あの美しい青の空間と…

ダイバー

回遊魚の宝庫久米島

沖縄本島那覇空港から日本トランスオーシャン航空30分で到着できる久米島。車で島一周約30分という程良い大きさで、東西南北あらゆる場所にダイビングポイントが点在しています。年間通して台風が直撃しない限り潜れるポイントがあるので、少々天候が悪くてもダイビングが可能な頼もしい存在となっています。東洋一美しいと言われてるはての浜を基準に、北側の海は超豪快なドロップオフポイントとなっていて、その南側の海は白砂が眩…

海に潜る2人

絶海の孤島南大東島

沖縄本島と伊豆諸島八丈島の間にある岩場に囲まれた荒々しい島で、沖縄の島の中でも独特な雰囲気を醸し出してる男らしい島になります。島内にはダイビングショップが1つだけありますが、普段は漁がメインなショップなので昼間に問い合わせの電話もしても上手く繋がりません。とにかくダイナミックな酢中景観を楽しめる海で、その透明度は素晴らしく50メートルから60メートル先まで見えることが多くなっています。伊豆諸島にも近い沖…

魚の群れ

東京都が誇る南国

羽田空港から小さな飛行機でわずか40分ほど行けるパラダイアイランド八丈島。年間通して気温が高いので、都内には真っ赤なハイビスカスが咲いてるほどです。ビーチダイビングもボートダイビングも両方盛んな島で、年間通してその日の風向きによりベストコンディションな海に潜ることが出来ます。運が良ければビーチダイビングでハンマーヘッドシャークの群れに遭遇する事も可能で、ジンベエザメもニタリザメも出現する事もあります。島…

撮影しているダイバー

Copyright © 2016 沖縄の青の洞窟はなぜ青い?ダイビングを更に楽しむための豆知識 All Rights Reserved.